第31回日本リウマチ学会関東支部学術集会

ご挨拶

さて、この度、第31回日本リウマチ学会関東支部学術集会を2021年12月11日(土)に、東京・虎ノ門ヒルズフォーラムにおいて開催させていただくこととなりました。

昨年開催する予定でしたが、コロナ禍の影響を鑑みて1年延期することとしました。今後ワクチン接種が進むことが予想されるため、現時点では現地開催が可能になると考えております。ソーシャルディスタンスを確保するために、1会場あたりの収容人数を考慮しながら運営する予定です。

第31回日本リウマチ学会関東支部学術集会は「積み重ねて築き上げるトータルケア」をテーマに掲げました。リウマチ性疾患の診療の世界は、新薬開発が進み薬治療は劇的に進歩しつつあります。しかしながら患者さん目線で物事を考えると、現状で十分であるとは言い切れません。依然として残されているアンメットニーズを1つずつ拾い上げて解決していくことが求められていると思います。様々な視点を持つ医療関係者が集い、議論を重ねていくことで、リウマチ性疾患の診療が新たなステージを迎えられればとの願いを込めてテーマを決めさせていただきました。

是非とも沢山の皆様にご参加いただきますようご案内いたします。

第31回日本リウマチ学会関東支部学術集会
会長 門野 夕峰
埼玉医科大学病院 整形外科・脊椎外科 教授

運営事務局
(社)会議支援センター内
〒104-0041
東京都中央区新富1-8-6
SSビル3階
TEL:03-6222-9871
FAX:03-6222-9875
Email:a-csc@a-csc.org
Return Top